≫ 利確値算出ツール

トレードの悩み

利確値算出ツールとは、
多くのトレーダーが抱える悩みのひとつ、
 
「どこで利益確定をすればいいかわからない」
 
という部分に着目し、
それを解決すべく開発されたツールで、
 
その利便性、簡単さから多くのトレーダーの方にご利用頂いています。
 
■ 業界初!二点波動による利確値の算出に成功!
 
相場には必ず波があり、
小さな上下動と、大きな上下動が組み合わさることによって、
価格が変動していきます。
 
これを一般的に「波動」と呼び、
この波動が何回来たかで、トレンド相場の終焉を見極めたりするようなトレード手法も存在します。
 
波動は基本的に、
高値・安値・押目(戻り)という3点から形成されていきます。
 
このため、「波動は3点で計算するもの」というのが、一般的な考え方でした。
 
しかし、オフィサムはこの「波動計算」を、
3点ではなく、2点に減らすことにより、
 
より素早く、より正確に、
そして「誰でも簡単に」利確ポイントを予測できるように開発しました。
 
具体的にチャートを使って解説してみましょう。
(※2015.3.6 米国雇用統計前のドル/円チャートです)
RST1
この状況から、相場が上抜けた場合、
または下抜けた場合の利確ポイントが算出できます。
 
まずは、利確値算出ツールが使えるサイト(有料)にログインします。
あとは簡単、ポイントになる2点の数値を入力するだけです。
 
rs100
利確ポイントが、120.88 121.28 122.38 と算出されました。
その後、相場は上抜けて、見事に利確ポイントまで到達、その後値を消しました。
RST2
さらに、次の波動が出た場合の利確ポイントも予測できます。
RST3
利確値算出ツールに二つの数字を入力するだけです。
 
rs200
バッチリ、利確値まで到達しました。
RST4
 
冒頭の「トレーダーが抱える悩み TOP5」にもあるように、
利確ポイントがなかなか分からないトレーダーは多いようです。
 
エントリーは、「上に行くか下に行くか」だけなので、
実質50%の確率で的中します。
 
しかし、いくらエントリーの方向性が正しくても、
利益が出ているときに、その利益をものにし損ねたり、
あまりにも早く決済してしまって、その後の大きなトレンドを取れなかったりでは、
全く意味がありません。
 
逆に、エントリーを多少ミスしても、
利確ポイントが分かっていれば、素早く利益を確定し、
逃げることも出来ます。
 
なので、とても便利なツールとなっています。
また、この分析法は、トレーダーの心理を利用しているので、
FXだけでなく、日経225、CFD、商品相場など、どんな相場でも使えるところが特徴です。
 
使い方も、
動画マニュアルが添付されていますので、
すぐに覚えられます。
 
利益確定が苦手なトレーダーには、
必需品となりうるツールです。
 
moushikomi

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る